creditcard2128_128法人カードローンとはどういうものを指すのでしょうか?ビジネスローンとは違うのでしょうか?ここでは法人カードローンについて解説します。

法人カードローンとは

法人カードローンとは、法人向けのカードローンのことを言います。法人経営者や個人事業主向けのカードローンのことを法人カードローンというのです。

カードローンの定義自体は明確なものがあるわけではありませんが

  • ローンカードを使って、お金を借りる(キャッシングする)
  • 限度額が決まっていて、限度額に余裕があれば自由に借り入れや返済ができる

ものをカードローンと言います。

例えばフリーローンははじめに高額を借りたら、後は返済するだけですが、カードローンの場合は限度額100万円だとして、現在借入額が80万円だったら、20万円はいつでもコンビニATMなどで借りられますし、そこから10万円返済すれば、また借入額に10万円の余裕ができるので、10万円を借りることができるのです。

この仕組みを採用しているローンのことをカードローンと言います。しかし、カードローンは「事業性資金には利用できない」のです。そのため、カードローンを提供している銀行や金融機関は、カードローンとは別に事業性資金に利用できる法人カードローンを提供しているのです。

法人カードローンの特徴

  • ローンカードを使って事業性資金を借りることができる
  • 法人経営者・個人事業主が利用可能
  • 第三者の保証人不要
  • 担保不要
  • コンビニATMや銀行ATMで24時間借入・返済が可能
  • 限度額(枠)に余裕があれば何度でも借り入れが可能
  • 金利は高めの設定
  • 審査はスコアリングシステムによる自動審査が多い
  • 最短即日融資が可能

法人カードローンとビジネスローンの違いは?

法人カードローン = カードローン型のビジネスローン

法人カードローンも、第三者の保証人不要、担保なしで事業性資金に利用できるローンなので、ビジネスローン(事業者ローン、事業ローン、商工ローン)と同じローン商品と言えます。

ただし、若干違うのは法人カードローンは、ローンカードを使って限度額に余裕があれば何度でも事業性資金を借りることができるローンです。

ビジネスローンには、同じ仕組みのローンもありますが

  • はじめに借りて後は返済することしかできないビジネスローン
  • ローンカードが発行さない(ATMで借り入れができない)

など、法人カードローンとは言えないものもあるのです。

ビジネスローンの中で、ローンカードを利用できるものが法人カードローンということになります。

ビジネスローンの中でも法人カードローンを利用すべき方とは?

少額の資金繰り目的で借入をしたい法人経営者・個人事業主

法人カードローンの特徴は、資金繰りが困ったと思ったら、会社の側のコンビニATMですぐに借り入れができることです。限度額「枠」に余裕があれば何度でも借入が可能なので、急な資金ショートにも対応できるのです。

すぐに資金が必要な法人経営者・個人事業主

法人カードローンは最短即日融資ができる法人カードローンも多いので、審査さえ通ればすぐに借りられるメリットがあります。

おすすめの法人カードローン比較

ビジネスローン名タイプ下限金利上限金利最大限度額
ビジネクスト「ビジネスローン」
ビジネクスト「ビジネスローン」
ローンカード型ビジネスローン8.00%18.00%1,000万円
オリックスVIPローンカード BUSINESS
オリックスVIPローンカード BUSINESS
ローンカード型ビジネスローン6.00%17.80%500万円
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」
ローンカード型ビジネスローン9.98%18.00%500万円
プロミス自営者カードローン
プロミス自営者カードローン
ローンカード型ビジネスローン6.30%17.80%300万円
CREST for Biz(クレスト フォービズ)
CREST for Biz(クレスト フォービズ)
ローンカード型ビジネスローン6.00%18.00%300万円
ユニーファイナンス「事業者向けビジネスローン」
ユニーファイナンス「事業者向けビジネスローン」
ローンカード型ビジネスローン12.00%17.95%300万円